Oligo scan

2019-12

image.png

 

『OligoScan』は、「簡便」に「短時間」で「非侵襲的」に測定をすることを目的に開発されました。

 

ミネラル及び有害金属は生体内において主に組織中や脂肪細胞でその役割を担ったり、阻害していることが知られていることから、従来であれば「組織生検」がゴールデンスタンダードといえます。

 

現在ではより侵襲性の低い方法として、爪・毛髪・尿や血液などの測定が開発されています。それぞれの特徴として、爪などは排泄器官である為「過剰なもの」「不要で排泄されたもの」「吸収されなかったもの」などが挙げられます。

血液検査では「通行量(吸収・排出される過程や過剰で漂っている状態)」などが考えられます。その為、一概にそれぞれの分析結果が相関するとはいえません。

目的に合わせて様々な角度から特徴を捉えた測定方法を選ぶことが重要といえるでしょう。

 

 『OligoScan』では、原点である「組織生検」とのデータの相関と簡便かつ非侵襲的に測定することを目的にルクセンブルクで開発されました。

 

『OligoScan』は光学的な測定方法を用いることで、非侵襲的に測定を行ないます。手のひら4ヶ所に光を照射し、各種ミネラル及び有害金属の特徴的なスペクトルを独自の特殊なスキャニング技術を用いて測定し、その場でレポート化されます。

 

『OligoScan』は、「簡便」に「短時間」で「非侵襲的」に測定をすることを目的に開発されました。

 

ミネラル及び有害金属は生体内において主に組織中や脂肪細胞でその役割を担ったり、阻害していることが知られていることから、従来であれば「組織生検」がゴールデンスタンダードといえます。

 

現在ではより侵襲性の低い方法として、爪・毛髪・尿や血液などの測定が開発されています。それぞれの特徴として、爪などは排泄器官である為「過剰なもの」「不要で排泄されたもの」「吸収されなかったもの」などが挙げられます。

血液検査では「通行量(吸収・排出される過程や過剰で漂っている状態)」などが考えられます。その為、一概にそれぞれの分析結果が相関するとはいえません。

目的に合わせて様々な角度から特徴を捉えた測定方法を選ぶことが重要といえるでしょう。

 

 『OligoScan』では、原点である「組織生検」とのデータの相関と簡便かつ非侵襲的に測定することを目的にルクセンブルクで開発されました。

 

『OligoScan』は光学的な測定方法を用いることで、非侵襲的に測定を行ないます。手のひら4ヶ所に光を照射し、各種ミネラル及び有害金属の特徴的なスペクトルを独自の特殊なスキャニング技術を用いて測定し、その場でレポート化されます。

image.png


image.png


『OligoScan』の測定法は分析化学でも物質の定性・定量する際によく用いられる光学的な測定方法(分光法)に基づいています。その物質特有のスペクトルを示すことから物質の同定やピークの高さにより物質の定量などにも用いられます。OligoScanはそれら分光法の中でもラマン分光法を応用し、現在では各種スペクトルが解析されている必須&参考ミネラル20元素・有害金属14元素の測定が対象となっています。

 

測定対象はてのひらを対象としています。光学測定の場合、腕などの部位では日焼けや人種によるメラニン色素の影響が出ますが、てのひらではメラニン生成が他部位に比べ極めて少ないので測定結果にも影響しにくいといえます。

 

測 定 対 象 者

年齢

満15歳以上

身長

100 ~ 250cm

体重

30 ~ 199kg

言 語

 ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語、トルコ語、日本語、中国語、ロシア語