TE-BONE

2021-09

歯槽骨再生治療 牙槽骨再生治疗



再生医療とは? 什么是再生医疗

私たちの身体の中には約60兆個の細胞が存在します。
心臓、脳、皮膚など私たちの組織は細胞が集まってできており、日常で非常に重要な役割を果たしています。

例えば、皮膚細胞は体内の水分を守る働き、そして外部からのウィルスの侵入を防ぐ働きを持っています。
神経細胞は脳に五感を伝えたり、体を動かすための信号を送っています。
肝細胞は体内に重要な物質をつくり出すと同時に体内に侵入してきた不要な物質を分解する役割も持っています。
役割によって約270種類の細胞に分けられます。

人体内大约有60万亿个细胞。 心脏、大脑、皮肤等,我们的组织都是由细胞聚集而成的,在日常生活中细胞起着非常重要的作用,

例如,皮肤细胞有保护体内水分的作用,还有抵御外部病毒入侵的作用;神经细胞将五种感官传送到大脑并发送信号,从而引起我们的身体活动;肝细胞在体内产生重要物质的同时,也有分解侵入体内无用物质的作用。 根据细胞作用的不同,它们大约被分为270个种类



福岡MSC医療クリニック|医療法人聖慈会

自家間葉系幹細胞及び歯髄幹細胞による硬組織の再生医療とは、歯槽骨(歯を支えるあごの骨)が萎縮してしまい、骨の不足のためにインプラント治療を受けられない患者さまを対象に、患者さまご自身の骨髄細胞を用いた歯槽骨再生治療(TE-BONEⓇ)です。

自体间充质干细胞和牙髓干细胞的硬组织再生医学,它的治疗对象是因牙槽骨(支撑牙齿的下颌骨)萎缩,骨量不足而无法接受种牙治疗的患者,用患者自身骨髓细胞使牙槽骨再生的治疗(TE-BONE®)



歯槽骨再生治療(TE-BONEⓇ)とは自家骨移植に代わり得る新しい治療法であり、株式会社TES ホールディングスと東京大学医科学研究所との共同研究により開発された技術が用いられています。従来の自家骨移植は、患者さまご自身の腸骨(こし骨)またはあごの骨から骨を採取し、歯槽骨のやせた部分に移植する方法であり、患者さまの身体的負担が大きいこと、また手術時間が長いなどの問題点がありました。

牙槽骨再生治疗(TE-BONE®)是代替自体骨移植的新型治疗方法,该治疗使用了株式会社TES控股公司和东京大学医科学研究所共同研究开发的技术。以往的自体骨移植是从患者的髂骨或下颌骨采集骨,移植到牙槽骨较薄的部分,存在患者身体负担大,手术时间长等问题



歯槽骨再生治療(TE-BONEⓇ)は患者さまから採取した骨髄液中の細胞から培養骨を作成し、ご自身の骨の代わりとして移植する方法です。

牙槽骨再生治疗(TE-BONE®)是采集患者骨髓液中的细胞并培养成骨,再移植到患者体内代替自己骨骼的治疗方法



他の治療との比較 与其他治疗相比较

従来の自家骨移植に比べて

与传统的自体骨移植相比,牙槽骨再生治疗(TE-BONE®)的优势有


①患者さまの身体的負担が少ないこと

减轻患者的身体负担


②患者さまご自身の細胞を移植するため免疫拒絶反応がないこと

因为移植了患者自己的细胞,所以没有免疫排斥反应


③重度の歯槽骨萎縮症にも対応できることなどの利点が挙げられます。

能对应重度的牙槽骨萎缩症


「再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成25年法律第85号)」が平成26年11月25日に施行され、臨床研究(ヒト幹細胞を用いた臨床研究等)、自由診療のもとで良質な再生医療等の研究開発や実用化が安全に進められるよう医療機関や細胞加工物製造事業者が尊重するルールが定められ、再生医療等の迅速かつ安全な提供するための環境が整ってきています。

2014年11月25日开始实施的《再生医疗安全保障法》(2013 年第 85 号法),临床研究(使用人体干细胞等的临床研究),为了在自由诊疗的基础上,安全推进优质再生医疗等研究开发和实用化,制定了尊重医疗机关和细胞加工物制造经营者的规则,为再生医疗的发展等提供了快速且安全的环境


福岡MSC医療クリニックでは、厚生労働省より再生医療等提供計画番号を受け、「自家間葉系幹細胞及び歯髄幹細胞による硬組織の再生医療他」(第二種・計画番号PB7180001)の治療を提供しています。

福冈MSC医疗诊所,获得厚生劳动省再生医疗提供计划编号,提供「自体间充质干细胞和牙髓干细胞的硬组织再生医疗领域」(第二种・计划编号PB7180001)的治疗



福岡MSC医療クリニック|医療法人聖慈会
福岡MSC医療クリニック|医療法人聖慈会

提供する再生医療等


提供再生医学等

自家間葉系幹細胞及び歯髄幹細胞による硬組織の再生医療他

自体间充质干细胞及牙髓干细胞的硬组织再生医疗领域

再生医療等の分類


再生医学等的分类

第二種

第二类

再生医療等提供計画番号


再生医疗等提供计划的计划编号

PB7180001

治療までの期間


治疗时间

歯髄採取から投与まで:約5週間程度

从采集牙髓到治疗:约5周左右

細胞投与時の所要時間


细胞给药所需的时间

診察時、医師より説明をお受け下さい

在检查时,医生会为您说明

治療等のリスク・副作用


治疗等的风险·副作用

組織採取の際:
麻酔薬時の刺入や注入、骨髄液の吸引に伴う痛み、腫れ、痛み、違和感など

组织采集时:麻醉药的刺入和注,骨髓液吸引痛、肿胀、疼痛、感觉不舒服


細胞投与の際:骨髄由来細胞を用いた再生医療の使用ではこれまでのところ明らかな副作用は報告されておりません。しかしながら、再生医療の分野での使用経験は限られており、将来問題が起こる可能性を完全には否定できないことをご了承ください。

细胞治疗时:骨髓由来细胞的再生医疗的使用中,到目前为止还没有报告提示明显的副作用。 由于我们在再生医学领域的经验有限,请您谅解我们不能完全否认未来发生问题的可能性

電話
メール
アクセス
TOP