• 治療の流れ

    治療の流れ脂肪由来幹細胞療法□ 1.              治療開始前の検査 採取前感染症等血液検査又は血液検査結果の提出 当院にて事前の血液検査をされるか、他院にて当院指定項目の血液検査を行った結果をご持参いただきます。 □ 2.  &n

    詳細をみる

    11 / 2018

  • 繊維芽細胞

    線維芽細胞とは、真皮中の結合組織を構成する細胞の1種で、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの真皮の主となる成分を作り出し、肌の土台となる最も重要な細胞です。全身の結合組織に散らばるように存在し、組織が傷つくと近くの線維芽細胞が傷分部に集まり、大量のコラーゲンを作り出し肌の修復を助ける働きがあります。  線維芽細胞を用いた治療自家線維芽細胞を利用した皮膚組織の再生現在、しわ

    詳細をみる

    11 / 2018

  • 脂肪由来間葉系幹細胞

    私たちの身体の中には約60兆個の細胞が存在します。心臓、脳、皮膚など私たちの組織は細胞が集まってできており、日常で非常に重要な役割を果たしています。例えば、皮膚細胞は体内の水分を守る働き、そして外部からのウィルスの侵入を防ぐ働きを持っています。神経細胞は脳に五感を伝えたり、体を動かすための信号を送っています。肝細胞は体内に重要な物質をつくり出すと同時に体内に侵入してきた不要な物質を分解する役割も持

    詳細をみる

    10 / 2018

  • 免疫細胞療法

    わたしたちのからだは、多種類の免疫細胞によって、侵入した細菌やウイルス、遺伝子変異により発生したがん細胞の増殖から守られています。その細胞は、「単球」「リンパ球」「顆粒球」の3種類に大きく分けることができます。さらに単球はマクロファージ/樹状細胞、リンパ球はT細胞/B細胞/NK/NKT/γδT細胞等、顆粒球は好中球/好酸球/好塩基球に分けられ、それぞれの働きは異なります。単球l  マクロ

    詳細をみる

    11 / 2018

  • TE-BONE

    歯槽骨再生治療 再生医療とは?私たちの身体の中には約60兆個の細胞が存在します。心臓、脳、皮膚など私たちの組織は細胞が集まってできており、日常で非常に重要な役割を果たしています。例えば、皮膚細胞は体内の水分を守る働き、そして外部からのウィルスの侵入を防ぐ働きを持っています。神経細胞は脳に五感を伝えたり、体を動かすための信号を送っています。肝細胞は体内に重要な物質をつくり出すと同時に体内に

    詳細をみる

    11 / 2018

  • 再生医療とは

    飛躍的な発展が予想される再生医療 再生医療とは、幹細胞等を用いて、臓器や組織の欠損や機能障害・不全に対し、それらの臓器や組織を再生し、失われた人体機能の回復を目指す医療です。既存の医薬品では治療が難しいものや、治療法が確立されていない疾患に対して新たな治療法となる可能性があります。特にiPS細胞は、さまざまな器官・細胞へと分化できる多能性と、ほぼ無限に増殖する能力(増殖能)を持ち、再生医

    詳細をみる

    11 / 2018

Previous page1Next page Go to No.