水光注射

2018-11

水光注射とは?

韓国では、ハリとツヤがあり潤いのある若々しい肌を「水光皮膚(ムルグァンピブ)」といいます。
韓国が発祥のこの水光注射は、現在日本でもポピュラーな皮膚管理の治療として、認知度が高くなっている治療方法です。


当院の水光注射は、患者様のお悩みに合わせた治療を行えるよう、各種薬剤を準備致しております。
ヒアルロン酸や、美肌活性因子、プラセンタ、ヒト脂肪幹細胞由来培養上清液など、内から輝くようなお肌を作る成分を贅沢に配合したものを真皮や表皮に細かく確実に注射することで、お肌の水分補給・くすみの解消・弾力性の向上・シワ・小ジワの改善に、効果をもたらすことが期待できます。
また、定期的に繰り返し受けていただくことでお肌全体のハリ・ツヤ・くすみ・小じわなどが改善され、ご自身の肌細胞の若返りの一つとしてとても有効な手段です。


image.png
当院機器の特徴 ※本機器は国内未承認機器となり、当院医師の個人輸入にて機器を導入致しております。

image.png
水光注射専用のマシンで美肌保湿成分を肌の表面の層に注入します。
従来のように手打ちで注入を行うと「注入量を均一に保てない」、「注入速度や圧力が一定せず痛みが強い」、「膨疹(プツプツに腫れた状態)になる」、「内出血が長引く」という問題が生じていました。

このような問題をクリアしたのが水光注射専用の機器です。
水光注射は細い針が1ショットで5針、スタンプのようにショットしていく構造で、スピーディーかつ均一に皮膚の浅い層に美肌成分を届けることが出来ます。 

1ショットを5針で行うため施術時間が大幅に短縮され、皮膚を吸引しながら密着して注射できるので、痛みも大幅に緩和されています。

image.png

※注入イメージ

水光注射治療はお肌の浅い層にソフトヒアルロン酸や各種ビタミン、成長印刷(細胞増殖因子)などの薬剤を、特殊な注射装置、水光注射にて極細針を使用し無数に微量を 注射していきます。
煌めく弾力のあるお肌に改善する治療です。

施術時間

麻酔及び施術部位により、異なりますので、お問い合わせ下さい。

施術・施術後について

当院の水光注射では針の長さや、注入量、深さなどを状態に合わせて調整できますので、患者さま一人一人に合わせて調節することが可能です。
患者さま、一人一人の状態、希望ににあわせたオーダーメードの治療が可能です。吸引してショットするため均一な注入が可能で、仕上がりが凸凹になる心配もありません。

施術後のダウンタイムは個人差がありますが、点状の針穴が残ります。
しかし2~3時間程度で徐々に消失します。
※初回の方は残りやすい傾向です。また部位によって、残りやすい部位が御座います。

針痕が残りやすい方は数日だけ点状の跡が残りますが、メイクでカバーできるほどの小さな跡です。
針を刺すので、チクッとした軽い痛みがありますが、痛みに弱い方は、麻酔クリームをすることによって軽減することができます。

また施術当日のメイクは、お控え頂いております。

当院にて、施術後にマスクをお渡し致しますので、メイクはお控え下さい。
また、施術後はお肌が乾燥しやすく、敏感になっている為、日焼け対策及び保湿をしっかりと行って頂くようお願いしております。

施術期間

1ヶ月に1回程度、定期的にお受け頂くことで効果をより実感頂けます。

その他、ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。